AES基礎音響セミナー2019開催のご案内

2010年から開催をさせて頂いておりますこの「AES基礎音響セミナー」ですが、皆さま、そして講師の方々のご協力に支えられ、今回で10回目を迎えました。本セミナーでは,大学などで受講するような音響・オーディオに関する専門的な知識を,どなたでも受講できるように平易な内容にかみ砕いて解説致します。セミナーの内容は,音響の基礎理論はもちろん,心理音響,室内音響,電気音響,デジタルオーディオ・信号処理などの主要な分野を網羅しております。また,海外での技術発表やプレゼンの際に必要となる英語力〜技術英語〜に関しましても講座をもうけています。音響・オーディオの技術者に必要とされるこれらの多様なセミナーは,それぞれの分野を専門とし,第一線で活躍しているプロフェッショナルを講師としてお迎えしております。そのため,単なる座講ではなく,実践に結びつく生きた理論を学んで頂くことができます。講座が多岐にわたるため,異なる講座を複数会場で並列開催させて頂くことになりますが,その分,ご自身の興味の分野や必要とされるレベルに応じきめ細かい講座の取捨選択が可能な構成となっております。学生の方々の集中講義として,また若手技術者の方々の研修セミナーとして,是非「AES基礎音響セミナー」をご活用下さい。
お申し込み方法などにつきましては、詳細内容をご確認の上、お間違えの無きようにお申し込みを頂ければ幸いです。近年の、定員を大きく上回る参加希望を頂いている状況を鑑みて、今回からは会員特典の一つとして「AES会員優先」の申込期間を設けることになりました。当セミナーは会員向けサービスの一環でもあり、参加を検討されている方は、是非会員優先期間を積極的にご利用下さい。詳しくはこちらをご覧ください。それでは、皆さまのご参加を心からお待ちしております。

AES基礎音響セミナー2019【実施予告】

これまでご好評頂いてまいりましたAES「基礎音響セミナー」ですが、今年の開催を持ちまして10回を迎えることとなりました。これも皆様方のご支援、講師を務めて来られた方々のご協力による賜物でございます。第10回目となります今回の基礎音響セミナーもこれまで同様に、幅広く基礎音響を学んで頂ける充実した講義内容となっております。各分野において第一線で活躍されている講師の方々により構成され、実践に結びつく生きた理論を知ることが出来ます。是非とも参加される皆様の興味や関心、そして必要とする専門知識のスキルアップにご活用を頂ければ幸甚です。

続きを読む

一般社団法人AES日本支部設立のご案内

AES日本支部は、この7月1日から、かねてより準備してまいりました一般社団法人AES日本支部として運営をしてまいります。これを機に一層の充実・進展に努めてまいる所存でございます。
今後とも皆様のご理解とご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

それに伴いまして、下記のとおり、住所・電話番号の変更をさせていただきます。

AES日本支部 支部長 内村和嗣

********* 記 *********
※2019年7月1日より

一般社団法人AES日本支部

住所:〒105-0003 東京都港区西新橋3-24-10
TEL:050-5534-0993(留守番電話対応のみ、英語での案内のあとにメッセージをお願い致します)
FAX:ございません
メール:info@aes-japan.org

その他:各種振込先銀行口座も変更になりますが、これらに関しましては、必要時に適宜ご案内させていただきます。

********************

支部だより発行のお知らせ

AES日本支部「支部だより」発行のお知らせです。
「AES日本支部便り」(2018年冬号)を日本支部のホームページ上に掲載致しました。下記のページより支部便りをご一読ください。
2018年冬号はこちら

内容

    • 支部長就任ご挨拶
    • 2018年度 支部役員体制
    • 2018年度 事業計画
    • 基礎音響セミナー2018のご報告
    • 若手・学生のためのAESジャパンフォーラム2018 レポート
    • 日本学生支部の活動について

2018年12月例会と忘年会のお知らせ

今年最後の例会に加え、ソーシャルアワーを「忘年会」として開催致します。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

【テーマ】
梯郁太郎氏が遺したアーティストのための実験空間 -Artware hub- 見学会

【概要】
Roland株式会社の創業者であり、グラミー賞テクニカル・アワード受賞、ハリウッド・ロックウォークの殿堂入りを果たした、故 梯郁太郎氏(公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団 名誉顧問)。彼が生み出した「アートウェア」というポリシーに基づいた、アーティストのための音楽音響実験空間「Artware hub」のオープンに伴い、本施設の概要と技術的なディテールを、このプロジェクトのプランナーである伊藤圭一氏、およびSIデザイナーの前田洋介氏にお話いただきます。

○ウェルカム・パフォーマンス
MIDI規格のゴッドファーザーであり、数々の電子楽器を世に送り出した梯郁太郎氏が、最後に手掛ける作品となった「ATV/aFrame」のサウンドでお迎えいたします。
 パーカショニスト 梯 郁夫 氏 (公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団:専務理事)
 エンジニア    伊藤 圭一 氏(同財団:理事) 

○プレゼンター
 株式会社 ケイ・アイ・エム 伊藤 圭一 氏 (洗足学園音楽大学:教授) 
 株式会社メディア・インテグレーション 前田 洋介 氏
続きを読む